美白化粧品で消すのは難しい

エステティシャン

シミができてしまい何とか消したいと毎日、美白化粧品でスキンケアをしているけれど、なかなか効果が現れないということに悩んでいる、二子玉川マダムも多いのではないでしょうか。美白化粧品ではシミを予防する効果は期待できても、すでにできてしまったシミ自体を薄くすることは難しいと言われています。シミが気になり美白化粧品を使い続けたとしても、さほど美白効果が感じられないという場合は美容皮膚や美容外科で受けられる、シミ治療を検討してみてはいかがでしょう。このような医療機関で行われているシミ治療は、医療行為となっているので効果・効能が認められたものです。シミを本気で薄くしたいという場合は、医療の力によるシミ治療を受けるというのが最も効率的な方法と言えます。

年齢を感じさせない美肌へ

施術台

二子玉川には年齢を感じさせない大人女性も多いですが、老け顔にならないためには「シミの無い肌をキープする」ということが重要です。シミは1つでもできてしまうと一気に老けた印象を与えてしまいますが、シミ治療をクリニックで受けることによって年齢を感じさせない若々しい肌をキープできるでしょう。シミ治療によってシミを消すことができれば若々しさもアップしますし、シミをカバーするために化粧を厚塗りする必要もなくなり、若返り効果が期待できます。

レーザー治療の特徴

女性

レーザー治療は二子玉川のクリニックでポピュラーに受けられるシミ治療の1つで、濃いシミも薄くできるパワフルさで人気を集めています。レーザーを肌に照射しレーザーの熱エネルギーによって、シミの元となるメラニン色素を破壊して美白効果を発揮するのがレーザーでのシミ治療の特徴です。またレーザーでも炭酸ガスレーザーという種類の場合は、皮膚の表面を削り取る作用によってシミ薄くしていきます。二子玉川のクリニックではシミや肌の状態などに合わせて、使用するレーザーの種類を適切なものにしてくれるので、安心して施術を受けられるでしょう。

外用薬での治療も主流

エステシャン

シミ治療を行っている二子玉川のクリニックでは外用薬での治療も行われており、クリーム状の外用薬をシミ部分に塗るだけという手軽さから選ばれています。シミ治療に用いられる外用薬として代表的なのが、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という種類です。ハイドロキノンは別名、肌の漂白剤と言われている外用薬でシミの原因となるメラニン色素自体を薄くしたり、メラニン色素を作りにくくするという効果を発揮します。トレチノインは肌のターンオーバーを促進する作用がある外用薬で、どんどん新しい肌細胞を作り古い細胞に沈着しているメラニン色素を、古い垢として排出するのを促します。このようにハイドロキノンとトレチノインは美白作用に違いがあるため、二子玉川のクリニックでは両方を処方するクリニックが多いようです。

広告募集中